無料パンフレット進呈中 レッスン見学実施中 全コース入学金 最大22,000円off

NO BORDERS豊田校のご紹介

豊田校

ノーボーダーズ豊田校は、2020年3月に開校した、満1歳から5歳児までを対象としたインターナショナルスクール(英語幼稚園)と、年少~小学6年生までを対象とした習い事スタイルの英語教室を開講しております。

英語教育の実績

ノーボーダーズは、2008年に名古屋市昭和区にて開校、2021年現在愛知県下に6校舎の「インターナショナルスクール」と、豊田地域文化広場をはじめとした30以上の公共施設や保育園、幼稚園で「NB KIDS ENGLISH」を開講している子ども向け英語教育のエキスパートです。

NO BORDERSの教育理念

授業イメージ

ノーボーダーズでは、「LIFE ENGLISH」をコンセプトに、英語のみの環境で生活する中で英語力を自然と身につけることができます。また、自主性や意欲、粘り強い心、チャレンジ精神、思いやりなどを養い、国際社会で生き抜く精神と知識を身につけることも大切にしています。

NO BORDERSの学習メソッド

Child Centered Learningイメージ

ノーボーダーズの学習メソッドは、英語教育の権威David Paul氏の「Child Centered Learning」です。
子どもたちが主体となってレッスンの中心で学びに取り組むことで、子どもたちが自発的に英語を使い、講師はコミュニケーションの中で正しい英語の発音や、文法などを学ばせていきます。

動画で見るChild Centered Learning

NO BORDERSのコース紹介

インターナショナルスクール
(全日制スクール)

インターナショナルスクールでは、オールイングリッシュ環境(校舎内ではたくさん英語を使ってお話する)で生活する中で、自然と英語力が身につきます。英語を学ぶのではなく、英語で学ぶ(算数、理科、社会など)ことで、日常的に英語を使いこなし、より高い英語力を身につけます。

プレスクール

★週2日~週5日までの全日制インターナショナルスクール

プレスクールイメージ

プレスクールでは、英語での生活を通して日本語と同じように、英語を習得していきます。集団生活の中で心の成長(社会性・自主性・道徳心・コミュニケーション能力など)を育む教育を中心に、学習能力や身体能力もバランスよく育てます。

対象年齢: 満1歳~3歳
曜  日: 月~金(週2回~週5回)
時  間: 正課 10:00~14:30
延長保育 8:30~18:30

キンダーガーデン(英語幼稚園)

★週5日の全日制インターナショナルスクール

キンダーガーデンイメージ

キンダーガーデンでは、英語で生活・学習を行うことで高い英語力を身につけ、日本人としての文化やマナーを大切に、将来、国際社会で生き抜く強い力を養います。

対象年齢: 年少~年長
曜  日: 月~金(週5回)
時  間: 正課 9:30~14:00
延長保育 8:30~18:00

イングリッシュアカデミー
(習い事クラス)

イングリッシュアカデミーでは、ネイティブスピーカーの外国人講師と日本人講師による2名体制で、お子さまの年齢と英語力に合わせた12のクラス分けにより、最適な英語学習をご提供します。

アフタースクール

★週1~2回の80分レッスン

アフタースクールイメージ

幼稚園や保育園、小学校の後に通っていただく、習い事タイプのレッスンです。長めの時間を確保することで、週1回でも「話す・聞く・読む・書く」をバランスよく習得し、実践で活きる英語力を効率よく養うことができます。

対象年齢: 年少~小学6年生
曜  日: 月~金(週1回〜)
時  間: 幼 児:15:30~16:50
小学生:17:00~18:20

サタデースクール

★土曜日1日の集中型レッスン

サタデースクールイメージ

平日は幼稚園・保育園、小学校に通っている方に向けた、毎週土曜日に行う1day集中型レッスンです。
約5時間という長い時間英語に触れることができるため、週1ながら内容の濃い学習ができます。

対象年齢: 年少~小学6年生
曜  日: 土曜日(週1回)
時  間: 9:30~15:00

各コースの料金案内

インターナショナルスクール
(全日制スクール)

プレスクール

対 象 満1歳~1歳児 2歳児
入学金 ¥44,000
週2回 ¥38,500 ¥33,000
週3回 ¥53,900 ¥45,100
週4回 ¥67,100 ¥55,000
週5回 ¥78,100 ¥62,700
  • 6ヵ月に一度、指導関連費(テキストブックは指導関連費に含む)が各授業料と同額必要になります。

キンダーガーデン

対 象 年少~年長
入学金 ¥110,000
週5回 ¥66,000
  • 6ヵ月に一度、指導関連費(テキストブック・ユニフォーム・指定用品・行事費の代金は別となります)が各授業料と同額必要になります。
  • 当校は、認可外保育施設として無償化対象施設の確認申請を行っております。
    全日制コースは、幼児教育・保育無償化の対象となります。

【延長保育】キッズクラブロング

週1回 ¥9,350
週2回 ¥15,950
週3回 ¥21,450
週4回 ¥25,300
週5回 ¥27,500

【給食】スクールランチ

週1回 ¥1,440
週2回 ¥2,870
週3回 ¥4,310
週4回 ¥5,740
週5回 ¥6,900

イングリッシュアカデミー
(習い事クラス)

アフタースクール

対 象 幼児・小学生 小学生
(アドバンス)
入学金 ¥11,000 ¥22,000
週1回 ¥10,120 ¥16,060
週2回 ¥16,720 ¥30,470
  • 6ヵ月に一度、指導関連費(テキストブックは指導関連費に含む)が各授業料と同額必要になります。
  • 小学生アドバンスクラスをご受講の方は、クラス受講日の延長保育(14:30〜18:00)が1クラス1受講日につき1ヶ月2,000円で受講可能です。

サタデースクール

対 象 幼児・小学生 小学生
(アドバンス)
入学金 ¥22,000
週1回 ¥24,200 ¥33,550
  • 6ヵ月に一度、指導関連費(テキストブックは指導関連費に含む)が各授業料と同額必要になります。
  • 小学生(アドバンス)は一部校舎にて開講しています。
【給食】サタデースクールランチ
1ヵ月 ¥1,440

講師からのメッセージ

Shizuno -School Manager-

Shizuno

はじめまして。豊田校マネージャーの小川です。現在、国際化が進む中、英語が必須であることは言うまでもありません。しかし、英語を話すことができれば、世界中のどんな人とも上手にコミュニケーションを取れるのでしょうか。答えは「No」だと思います。宗教・文化・性別が違う、多種多様な人たちの個性豊かな考え方を柔軟に受け入れ、そしてその上で、自分の意見を堂々と英語で発信できる、そんなお子さまになってもらうことが私の目標です。ダメなことはダメだとしっかり伝えながらも、愛情いっぱい、元気いっぱい、あふれる笑顔でお子さまに向き合っていく、そんな日常の中で、少しずつ目標に近づいていきたいなと思います。

Sam -Kinder teacher/ASP coordinator-

Sam

こんにちは!僕はモロッコ出身のSamです。現在、ノーボーダーズのアフタースクールコース・コーディネーターとして、カリキュラムの監修、レッスンを担当しています。また、キンダーガーデンコースでは、年少・年中のお子さまの担任として、日々お子さまと向き合う毎日を過ごしています。
私の家族についてですが、父は幼稚園の経営者、母は小学校、姉はプレスクールの先生など、多くのメンバーが教育に関わる仕事をしていました。そんな中で、新しいスキルを学ぶのに適しているのは何歳か、どんなアプローチを使うのが効果的か、など家庭でよく話し合っていました。「子どもたちのことが大好きである」という点においては、みんなで賛同しあったものです。この教育への情熱、培ってきた経験をもってお子さまひとりひとりの個性を大切にしながら、豊田というコミュニテイーへ貢献していきたいと思います。

Carly -Preschool Teacher-

Carly

こんにちは、Carlyです。アメリカのミシガン州出身で、豊田校にてプレスクールの講師をしています。子どもの頃は、たくさんの木々や湖など自然があふれる中で、裸足で外を走りまわったり、木登りをしたり、ホタルを捕まえたり、友達とままごとをしたりと、とても楽しい時間を過ごしました。だからこそ、今、こうして子どもたちに関わることができる、この仕事が大好きです。子どもたちは好奇心や創造力であふれ、とても美しい心を持っています。私は教える立場にありますが、気づくと教えてもらっていることの多さに驚きます。一緒に遊んだり、歌ったり、踊ったりする中で、自然と、英語を話す楽しさを知ってもらい、ワクワクするような思い出をたくさん作っていけたらうれしいです。

豊田校 ~校舎のご紹介~

豊田校イメージ

イギリスのパブリックスクールをイメージした三角屋根、格式高い重厚感のある色合いに蛍光ピンクの3Dロゴが一層映える建物が豊田校です。
約8mにも及ぶ高い天井や、ロビーとテラスがひとつながりとなってできる開放感に満ちた大空間で、
お子さまたちは太陽の光を全身に浴びながら、思いっきり体を動かしたり、のびのびと学習に取り組むことができます。
また、指を挟んだりしないよう、取っ手より下側がくぼんだ形のドアを採用したり、ガラスではない素材の照明を使用するなど、安全面においても万全を期すための工夫が、至る所に散りばめられています。

ご質問はお電話で